債務整理をすると保証人に迷惑がかかる?

オリジナル見出し01

債務整理を行うと債務を減免してもらうことができます。



誰でも必ず成功するわけではありませんが、少なくとも明らかに返済不能な状況になっており、かつ娯楽目的の借り入れで無かったというのであれば債務整理が成功する可能性は高いと言えるでしょう。



ただしかし、だからと言ってすぐに債務整理をして良いのかと言われると違います。
ここで特に注意をしなくてはならないポイントになるのが、保証人の有無についてです。



保証人、特に連帯保証人は大口の借り入れをする際などに必要とされる存在です。



多くの場合は親戚などに依頼をすることになるのですが、債務整理によって債務を減免してしまった場合、そこで発生した債権者の損失が保証人に対して請求される可能性が高いのです。



特にこれが連帯保証人の場合、その保証人は債権者に対して異議を申し立てる権利は認められません。

もちろん法律上認められていないことに関しては異議を申し立てることが可能ですが、少なくとも債務に関して本人の代わりに返済しろと言われたのであれば、それに対して異議を申し立てることはできないのです。



こうしたことを知らない状況で債務整理をしてしまうと、借り入れた本人は借金を免除してもらうことができたとしても、その保証人になっている人は非常に大きな負担を強いられることになってしまいます。場合によってはそれが原因となって人生がくるってしまうこともあるのですから、連帯保証人がいるのであれば必ず相談をし、自己判断だけで決断をするのは控えるようにしましょう。

関連リンク

  • タイトル21

    債務整理を行うと債務を減免してもらうことができます。誰でも必ず成功するわけではありませんが、少なくとも明らかに返済不能な状況になっており、かつ娯楽目的の借り入れで無かったというのであれば債務整理が成功する可能性は高いと言えるでしょう。...

  • タイトル22

    多重債務は複数の金融業者からお金を借りることで起きるものであり、最初から多重債務になるものではありません。1つの金融業者からお金を借りた時、その返済が困難になる事で他の金融業者からお金を借りてしまい、借りたお金を利用して返済を行うと言った行為を繰り返した事で、複数の債務が重なり返済が困難になる事を多重債務と呼んでいます。...