債務整理とブラックリストについて

オリジナル見出し01

多重債務は複数の金融業者からお金を借りることで起きるものであり、最初から多重債務になるものではありません。



1つの金融業者からお金を借りた時、その返済が困難になる事で他の金融業者からお金を借りてしまい、借りたお金を利用して返済を行うと言った行為を繰り返した事で、複数の債務が重なり返済が困難になる事を多重債務と呼んでいます。



現在の貸金業法の法律には総量規制が適用されるため、従来の様な多重債務と言う事は有りませんが、闇金業者などからの借金をしてしまうと、多重債務どころではなくなるので注意が必要なのです。



多重債務になってしまった時など、返済が困難な状況下では一人で悩むケースが多くあります。



法律事務所では借金相談を無料で行っているケースが多くあり、相談内容に応じて債務整理を行う事で借金問題の解決に導いてくれます。
尚、債務整理には幾つかの方法が用意されており、法律事務所の弁護士や司法書士などの法律の専門家により、債務者にとって一番最善の方法で債務整理を行ってくれるのです。

債務整理をする事で借金問題の解決が可能になりますが、裁判所を利用して行う場合には裁判所での決定事項として官報に事実が掲載されることになります。

官報に掲載された事実は信用情報機関が情報を共有するため、一定期間はブラックリストに掲載された状態になるのが特徴です。



また、裁判所を利用しない場合でも、貸金業者が加盟を行う信用情報機関の個人信用情報にブラックリストの情報が記載される事になります。



関連リンク

  • タイトル21

    多重債務は複数の金融業者からお金を借りることで起きるものであり、最初から多重債務になるものではありません。1つの金融業者からお金を借りた時、その返済が困難になる事で他の金融業者からお金を借りてしまい、借りたお金を利用して返済を行うと言った行為を繰り返した事で、複数の債務が重なり返済が困難になる事を多重債務と呼んでいます。...

  • タイトル22

    債務整理を行うと債務を減免してもらうことができます。誰でも必ず成功するわけではありませんが、少なくとも明らかに返済不能な状況になっており、かつ娯楽目的の借り入れで無かったというのであれば債務整理が成功する可能性は高いと言えるでしょう。...